アイセルネットワークス 国際医療コーディネーター

治療・検診

HOME > 治療・検診 > 日本医療の特徴

日本医療の特徴

低侵襲医療

日本の医療には他国に類を見ない、多くの特徴があります。メイド・イン・ジャパンの言葉に代表される、高度な先端技術を背景とした高水準の医療環境もさることながら、第一に挙げられるのは、治療による身体への負担を最小限にとどめるという「低侵襲」という考え方です。
日本の医療はこの考え方により治療後も患者さまのQOL(クオリティ・オブ・ライフ=生活の質)を高く保つことを目標にしています。
例えば、内視鏡を用いた消化器疾患の手術は、身体を傷つける範囲が非常に小さいことで、術後の痛みを減らし、回復を早めることができます。カテーテルを用いた血管内治療、脳や心臓の手術、サイバーナイフや粒子線などの放射線治療も低侵襲な医療として日常的に行われています。

総合医療

日本の医療の特徴は、先端の医療機器や個別の治療技術の高さだけではありません。予防医学からリハビリテーションまでを一つの医療と捉えた、総合医療という考え方が重要なファクターになっています。国民皆保険を背景とした定期健診による疾病の早期発見、予防から、手術後の機能回復に至るまでを一つの医療と捉え、診療科の枠を超え、医師、看護師、理学療法士、薬剤師や栄養士がチームとなり、総合的に診療にあたる、チーム医療がその総合医療を支えています。
日本の総合医療は、質の高い治療技術と、目的と真摯に向き合う日本の医療スタッフのホスピタリティが支えています。

img_01
img_02