アイセルネットワークス 国際医療コーディネーター

サポート

HOME > サポート > Q&A

Q&A

よくあるご質問にお答えします

渡航前のお手続き
受入れ医療機関の決定には、どのような情報が必要となりますか?
主治医からの診断書および検査結果、CTスキャン等の検査画像等、現在の病状やこれまでの治療内容が分かる医療情報をご用意いただきます。
診断書は日本語の必要がありますか?
診断書は日本語か英語で書かれたものが望ましいですが、他言語で書かれた医療情報しかお持ちでない場合でも大丈夫です。先ずはご相談ください。
医療機関を自分で選択できますか?
ご希望の医療機関や治療方法等がありましたら、当社にご相談下さい。ご希望により、受入れ医療機関との調整を行います。但し、いただいた医療情報を検討した上で、他の医療機関や治療方法をご紹介する場合もございます。
航空券の用意はどうすればいいですか?
搭乗日の変更が可能なオープンチケットをお勧めします。検査や治療の内容によっては、滞在日程が変更になる場合もありますので、日程を変更できない格安チケットはお勧めできません。
医療搬送が必要な場合はどうすればいいですか?
医療搬送を希望する場合は、当社にご相談ください。但し、病状等により、現地主治医の診断書や航空会社との同意書をご用意いただく場合がございます。
医療滞在ビザについて
入院治療ではなく、外来通院治療のために90日以上の滞在は可能ですか?
滞在期間が90日を超える場合は入院による治療が必要となります。
医療機関に受診予約を既に取っています。身元保証機関を通じてではなく、直接自分で医療機関に受診予定証明書の発行を依頼できますか?
医療機関による受診等予定証明書および身元保証機関による身元保証書は、一体化された1 つの書式です。
そのため、医療機関による受診等予定証明書の発行にあたっては登録身元保証機関にご相談ください。
ご自身で医療機関を選定し、受診予約をした場合であっても、身元保証機関による医療情報等の精査の結果により、身元保証をお断りする場合があります。
医療機関による受診等予定証明書および身元保証機関による身元保証書を発行してもらえば,ビザは必ず取得できますか?
身元保証機関による保証はあくまでもビザ申請者(外国人患者等及びその同伴者)の身元を保証するものであり、ビザの取得を保証するものではありません。
医療滞在ビザを取得した場合、日本滞在中の注意点を教えてください。
日本滞在中、身元保証機関より医療滞在ビザ保持者に対し、連絡を取ったり、日本出国後であっても、出国を証明する書類等を求められる場合があります。
日本滞在中は身元保証機関と連絡が取れるように留意し、提出を求められた資料や情報等は期限内に必ず提出をお願いします。
医療滞在ビザの詳しい情報はどこで得られますか?
医療滞在ビザに関する詳しい情報は、「外務省:医療滞在ビザを申請される外国人患者等の皆様へ」をご参照ください。
滞在中の生活について
言葉の問題が心配な場合は?
当社にて医療機関での受診時や、入院時の医療通訳や日常生活をサポートする一般通訳の手配をいたします。
事故や盗難などのトラブルが発生した場合は?
思わぬトラブルの発生に備え、出国前に海外旅行保険の加入することを強くお勧めします。
医療費について
クレジットカードでの支払いは可能ですか?
医療機関により異なります。また、取り扱いカードも限定される場合が多いため、現金のご用意をお願いいたします。また、海外から治療のために来日される場合には、治療費の概算をあらかじめお支払いいただき、治療完了後に、実際にかかった費用によりご精算させていただく場合がございます。
治療法も同じなのに、日本人と外国人で医療費が異なるのはなぜですか?
日本には「国民皆保険」の制度があり、日本人および1年以上の在留資格がある外国人は健康保険に加入することを定められており加入者は毎月保険料を支払っています。そのため、加入者の医療費の総額の30%のみの支払いとなります。健康保険未加入の外国人患者は、医療費の全額負担となるため金額が異なります。