株式会社アイセルネットワークス I-Cell Networks

HOME > 食事療養サポート事業

食事療養サポート事業

安心・安全な食事の提供をモットーに、「食」に関するトータルサポートを行っています。

病院や介護施設の食事は、患者様・利用者様にとって、治療の一環であり、生きる喜びや活力に繋がります。当社は、セントラルキッチンを有し、新調理システムを導入・運営することで、IMSグループ関連施設へ安心・安全で、日々「美味しい」と喜んでもらえるような食事の提供を心掛けています。

主な業務内容

  • IMSグループ統一メニューの管理・運用
  • IMSグループ病院・施設へのコンサルティング業務
  • 透析弁当、職員食メニューの開発・管理
  • 調理済食品の配合調整及びセントラルキッチンへの製造指示
食事療養サポート事業
食事療養サポート事業 食事療養サポート事業

セントラルキッチンの活用と新調理システムの導入

セントラルキッチン(集中調理施設)の活用

セントラルキッチンとは、常に大量の食事提供が必要な病院・介護施設の代わりに、一か所で集中的に調理を行う施設のことをいいます。アイセルネットワークスでは、セントラルキッチンを有し、HACCPの概念に基づく衛生管理の下、多数の調理済み食品をIMSグループ関連施設に運搬・搬入しています。

クックチルシステムのメリット

  • 計画生産による作業の標準化と生産性の向上
  • 調理のマニュアル化による品質の安定化と衛生管理の向上
  • 労働環境の改善と人件費の軽減
  • メニューの多様化、適温適時提供など、喫食者サービスの向上
  • 従業員の食品衛生概念の向上
クックチルシステムのメリット
クックチルシステムのメリット クックチルシステムのメリット

献立配信システムによる献立関連データの一元管理・運用を行っています。

食事療養サポート課では、IMSグループの複数の病院・介護施設の献立データを一元管理しています。そのため、最新のデータや情報をより早く、よりスムーズに提供できるよう献立配信システムを取り入れています。これにより、献立の作成から栄養計算、データの登録や修正作業など人的作業の負担を軽減するだけでなく、常に安定的な食事管理が可能となります。

調理済み食品を正しく理解し、適切に使用して頂くために
専門の栄養士がコンサルティング業務を行っています。

コンサルティング業務内容

  • メニューの検討、提案
  • 調理済み食品の調理指導
  • 調理手順に関するマニュアルの作成
  • 調理済み食品の受入から調理までの品質管理の指導
  • 給食業務効率化のための業務指導
コンサルティング業務内容

献立ギャラリー

写真クリックで拡大表示します。