株式会社アイセルネットワークス I-Cell Networks

HOME > 医療ツーリズム支援

医療ツーリズム支援

アイセルネットワークスは日本国内最大規模の医療グループ(IMS)の一企業として、日本での治療を希望する外国人の皆様をサポートします。

今すぐ問い合わせ

アイセルネットワークスで行うサービス

医療機関マッチング

患者様の医療情報をもとに、最適な治療ができる医療機関とのマッチングを行います。治療にかかる概算費用の見積を提示し、
来日スケジュールの調整を行います。
母体であるIMSグループで迅速な対応もできますし、提携している多数の病院でも受診をアレンジいたします。簡単な検査から重粒子治療・免疫治療等まで幅広く対応しています(※但し美容は除きます)。

受診時のアテンド・医療通訳

検査・治療のスケジュールに沿って医療施設でのアテンドを行います。また、必要に応じて医療通訳士が同行し、医療機関との間に入り、適切な通訳を行います。

文書の翻訳

来日前の医療情報の翻訳、入院案内、治療説明書・同意書などの文書の翻訳、検査結果、診断書などの文書の翻訳を行います。

その他オプション

空港への送迎、宿泊・交通の手配、観光案内等

受診するまでの流れ(治療の場合)

① 問合せ

患者様等依頼者 問合せ
アイセルネットワークス ヒアリング

② マッチング

患者様等依頼者 医療情報(診断書・検査データ等)の提供
アイセルネットワークス 医療情報の翻訳・医療機関への問合せ
医療機関 受入可否の判断

③ 見積

患者様等依頼者 費用確認・受診意思決定
アイセルネットワークス 通訳等必要サービスと併せて見積書提示
医療機関 治療方針・期間、治療費概算見積

④ 支払

患者様等依頼者 見積金額を事前に振込
アイセルネットワークス 入金確認、医療機関予約

⑤ 医療滞在ビザ手続き

患者様等依頼者 大使館or領事館で医療滞在ビザ申請
アイセルネットワークス 「医療機関による受診等予定証明書及び身元保証機関による身元保証書」を送付

⑥ 来日

患者様等依頼者 来日
アイセルネットワークス 必要に応じて送迎手配などサポート

⑦ 検査・治療

患者様等依頼者 医療機関を受診
アイセルネットワークス 医療通訳
医療機関 検査・治療

⑧ 帰国

患者様等依頼者 帰国
アイセルネットワークス 検査・治療の結果を翻訳

⑨ 精算

アイセルネットワークス 事前に頂いた費用から治療費・サービス費を差し引き返金

アイセルネットワークスの特徴

1アイセルネットワークスは国際医療コーディネーターとして、経済産業省に登録されている
身元保証機関(登録管理番号B-009)です。

身元保証機関のリスト確認する

2日本国内最大規模の医療機関グループ「IMSグループ」の一員です。

IMSグループは予防医学から急性期医療、リハビリテーション、介護福祉まで一貫した総合医療を行っています。高度先進医療など最新技術の導入を積極的に進め、幅広い疾患への対応を行い、外国人患者受入の豊富な実績を有しています。

IMSグループサイトへ

日本医療のレベル

データから見る日本の医療レベル

日本の医療レベルの高さは客観的なデータでも示すことができます。
がん5年生存率は世界の中でも非常に高く、OECDのデータによると大腸がんの5年生存率は68%で世界1位、乳がんでは87.3%で2位、子宮がんでは70.2%で3位となっています。
世界67か国のがん登録データを比較した国際共同研究「CONCORD-2」によると、肺がんは30.1%で日本が世界1位、胃がんは54%と1位の韓国57%に次いで高い水準となっています。
平均寿命は女性が86.8歳で世界1位、男性は80.5歳で世界4位、男女合わせて83.7歳で世界一位です。乳幼児の死亡率もアイスランドと並んで世界で2番目の低さです。
医療機器についても、CT・MRIの人口100万人当たりの設置数はCT107台、MRI51.7台とともに世界一位です。
以上の通り、日本の医療は世界最高レベルの水準であることがわかります。

(1)がん5年生存率(OECD Health Data 2011)

【大腸がん】
大腸がん
【乳がん】
乳がん
【子宮がん】
子宮がん

(2)平均寿命 (OECDデータ2014より)

平均寿命 (OECDデータ2014より)

(3)乳幼児死亡率(OECDデータ 2014より)

乳幼児死亡率(OECDデータ 2014より

(4)医療機器(CT・MRI)設置数

医療機器(CT・MRI)設置数
医療機器(CT・MRI)設置数

Q&A

渡航前の手続き

受入医療機関の決定には、どのような情報が必要となりますか?
患者(受診者)様の病歴(既往歴・現病歴)、主治医からの診断書及び検査結果、CTスキャン等の検査画像データ、現在の病状やこれまでの治療内容が分かる医療情報をご用意いただきます。
診断書は日本語の必要がありますか?
診断書は日本語で書かれたものが望ましいですが、他言語で書かれた医療情報しかお持ちでない場合でも大丈夫です。先ずはご相談ください。
医療機関を自分で選択できますか?
ご希望の医療機関や治療方法等がありましたら、当社にご相談下さい。ご希望により、受入れ医療機関との調整を行います。但し、いただいた医療情報を検討した上で、他の医療機関や治療方法をご紹介する場合もございます
費用はどのように払うのでしょうか?
医療機関での受診費用等は全て事前にお振込みによりお支払いを頂いています。具体的費用が不明な場合は概算をお支払い頂き、受診後に精算いたします。

医療滞在ビザについて

医療ビザはどのような場合に取得可能で、どのようなものがありますか?
日本の医療機関で受診するために来日をする場合取得することが可能です。受診の計画によって、一度だけ日本に入国できるシングルビザと複数回入国できるマルチプルビザが発給されます。ただし、当ビザによって日本で働くことはできません。
医療機関に受診予約を既に取っています。身元保証機関を通じてではなく、直接自分で医療機関に受診予定証明書の発行を依頼できますか?
医療機関による受診等予定証明書および身元保証機関による身元保証書は、一体化された1 つの書式です。そのため、医療機関による受診等予定証明書の発行にあたっては登録身元保証機関にご相談ください。ご自身で医療機関を選定し、受診予約をした場合であっても、身元保証機関による医療情報等の精査の結果により、身元保証をお断りする場合があります。
医療滞在ビザを取得した場合、日本滞在中の注意点を教えてください。
日本滞在中、身元保証機関より医療滞在ビザ保持者に対し、連絡を取ったり、日本出国後であっても、出国を証明する書類等を求められる場合があります。日本滞在中は身元保証機関と連絡が取れるように留意し、提出を求められた資料や情報等は期限内に必ず提出をお願いします。
医療滞在ビザの詳しい情報はどこで得られますか?
医療滞在ビザに関する詳しい情報は、「外務省:医療滞在ビザを申請される外国人患者等の皆様へ」をご参照ください。

外国人料金について

治療法も同じなのに、日本人と外国人で医療費が異なるのはなぜですか?
日本には「国民皆保険」の制度があり、日本人および1年以上の在留資格がある外国人は健康保険に加入することを定められており加入者は毎月保険料を支払っています。そのため、加入者の医療費の総額の30%のみの支払いとなります。健康保険未加入の外国人患者は、医療費の全額負担となるため金額が異なります。

問合せ

下記の問い合わせフォームより問い合わせいただけます。

今すぐ問い合わせ

免責事項

  • 本サービスでは、株式会社アイセルネットワークスが身元保証機関として患者様・同伴者様の身元保証を行いますがこれにより、患者様・同伴者様の医療滞在ビザ発給を保証するものではございません。
  • 弊社による審査の結果、医療滞在ビザの取得サポートのサービスをお引き受けできない場合がございます。
  • 本サービスは、海外の患者様が日本での治療を受けるにあたり医療滞在ビザ取得サポート、医療情報の翻訳、通訳派遣等を提供するものであり、そのため、治癒を保証したり、受診または治療可能な医療機関の紹介を保証したりするものではございません。また、医療機関での医療過誤や交通機関等の事故等には一切の責任を負いかねますので、あらかじめご了承下さい。
  • 本サービスは、患者様や医療機関から提供された情報が正確であることを前提に行っております。そのため、提供された情報が不正確な場合には、当初の想定とは違った治療や対応をせざるを得ない場合がございます。
  • 来日後、治療や検査により新たな病気や症状が判明した場合には、別途費用が生じる場合がございます。また、追加費用をお支払いいただけない場合には、サービスの提供を停止する可能性がございます。
  • 天災や戦争、その他不可抗力等の事由が発生した場合、サービスの提供を停止または一部が制限されることがございます。
  • 医療機関の状況や通信・交通機関の状況によりサービスの提供までに一定の時間を要する場合がございますので、あらかじめご了承下さい。